Contents

つなげる

某所で知る「コンデンサがパンクすると、エンジンをかけている時ポイントが「ぱちぱち」火花が出る」。。なってるよこれ。

あと「プラグとコンデンサは常時持っておくもんだ」って。プラグしか持ってません。

高速道路を延々走行
 ↓
レギュレータが弱いためMFバッテリーを破壊
 ↓
あふれた電気がコンデンサを直撃
 ↓
そして実はコンデンサが故障している、とか。

昨日伺ったお話「コンデンサを交換するだけで劇的に良くなる、って話があるそうですよ」

あらららら。。

***

色は悪くないけど
130331 (1)
もしかするとプラグは「かぶってる」のではなく、オイルのせいで「くすぶってる」?

「高精製鉱物油」
130331 (29)
ってシングルグレードの純鉱物油と違う?

「比較して、燃焼しやすい鉱物油に対し、半化学や化学合成オイルは成分の中に燃え切らないものがある」とのこと。そいつがプラグに残り、「くすぶる」?

目に見えることではないが「粒子が大きい」と言われる鉱物油を使うことは

・クリアランスが大きくても隙間をすり抜けにくいのでオイル漏れの可能性が低くなる

・万が一燃焼室に落ちても燃えやすい特性のため、プラグへのダメージが少ない

2つの意味があるのかな、と。

***

例えば根本治療するなら

・バルブガイドを加工し、ステムシールを追加工

・ピストンリングを国産のものに交換

・ピストンとシリンダーのクリアランスが広すぎるので計測~現代的な公差範囲でパーツ選定~オーバーホール

…そんな時間も暇もない。するならその前にさっさと乗り換え。

***

もう一度考える。

ピストン・バルブステムゆるゆるのがばがば。実際信号待ちとか凄いんです 白煙。
 ↓
オイルが激しく燃焼室へ
 ↓
燃え切らない成分がプラグに付着
 ↓
それでのうてもキャブレーションは基本特濃。
 ↓
スパークが弱くなり、失火

***

できるだけ現状を尊重し「人間側で」アジャストしていくならどうすべきかを考える。

思いつくのは

①燃焼室に落ちても燃えカスが残りにくい鉱物油の使用

②混合気を見直す。薄めに調整

そして

③少々のオイルや濃いめのガスなんかは蹴散らしてくれる強い火花が必要

ということか。

***

となると思いつくのはV-UP16。が、とりあえず
130331 (28)
手元にあるDYNAコイルを仮装着。確かに火花の色が変わった。強い。とりあえずこれで様子を見るか。

あと、コンデンサを取り外ししやすいように位置を変えるのと、新品に交換するのと。ダイイチのがあうみたい。日本製にしてみよう。

***

そしてキャブレター。見たけど見てみないふりをしていた油面を再確認。某所で知る
130322.jpg
フロート~フロートチャンバーの縁から2mm。

見てみましょう。
130331 (6)


130331 (7)


130331 (8)
明らかに高い。そして左右に差がある。

よく見ると
130331 (25)

130331 (27)
ニードルをかける部分の高さが違います。

普通であればこの部分を曲げて調整、ですが樹脂製なのでどうしようもない。方法は
1303221.jpg
バルブシートを叩いて調整するという…もうちょっと無かったんかね、ほんと。

専用の工具を作らないといけないんですが、そんなものもないので合いそうな「釘」で。ま、やってみましょう。

圧入しているので
130331 (10)
温める。

ここですね
130331 (13)

あー
130331 (15)
やだなぁ~

なかなか
130331 (11)
動いてくれません。

と思ったら
130331 (12)
突然こんなに動いたり。も~。。

おまけに最初に持った釘のサイズが小さすぎ、片側のバルブシートを貫通&四角穴形成w。

ま、失敗は「すべき」かと。プロの偉大さ・有り難みがここ最近よっくわかります。

さて、フロート高さを調整。
130331 (16)
2mmね。

左右とも
130331 (18)
こんな感じ。

左右の高さは当然
130331 (24)

130331 (23)
変わりますね。

さて、組み付け。案の定四角穴のフロートバルブからガソリン駄々漏れ。

再び
130331 (19)
バラして

傷つけた部分を軽く撫でる程度で補修。
130331 (20)
やりすぎ?

再び実験…をガソリンでするのは臭すぎるので
130331 (21)
一緒に入浴&実験w何とかいけたかな?

再び組み付ける際
130331 (22)
ホースの破れも発見し、交換。

***

と、今週はここまで。もがき苦しみつつ、何となく点と点とがつながりはじめているような気がしています。

Comments

by ピッツS

ホントに、もがきつつって感じで作業されてますが、確実にダメ潰しが出来ているようで、良き日の訪れも近いのではないでしょうか。

最後の写真、この前自分の乗ってるカジバのクッチョロっていうスクーターでも、同じような裂け方していて、えらく調子が悪かったのですよ。内部が裂けていて、表面は皮一枚残っていたので、わからなかったのですが、交換したら今までが嘘だったように調子よくなりました。

Comment#6319
  • 2013-04-01(Mon) 00:57:10
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
もがいて壊してwもう大変です。良き日なんて来るんでしょうかねぇ…もしかしたらこうやってごちゃごちゃやってる時が実は良い時間なのかもしれません。

旧いのはこの辺り、全部交換するのがいいんでしょうね。不思議なもんでこんな小さいパーツでも雰囲気はなくなりますが…。

Comment#6320
へえー by あつし

我々スバル乗りの間では「コンデンサのパンク=走れなくなる」です。
パワーのあるエンジンだと不調ながらも走れるんやね。驚きです。
フルトラ化以前はコンデンサも工具箱に常備してました。

Comment#6321
  • 2013-04-01(Mon) 10:06:14
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>あつしくん:
今ついてるコンデンサがダメかどうかは不明。ただ、旧いのを新品に換えると効果があるという話。交換以外で判別する方法ってあるんかなぁ…。

Comment#6322
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2242-97fbf3dd