Contents

点火時期調整 その1

先日の失火シューティング開始。

まずはコンデンサ。


新品は



こんなやつ。交換。改善されず。

次。コンタクトブレーカー。


新旧比較。ヒールの高さ。旧いほうは

4mm

新品

5mm

新車の時から一度も触っていない、という仮定を立て、コンタクトブレーカーの位置は全く触らずテスト。結果。ダメ。

むむむ。

点火時期確認。

めちゃめちゃズレてました。

プラグを外し、キャップに挿してグラウンドさせ、セルを回してライトでRETARDED POINTを確認。

バッチリ合わせて始動…しなくなった。

見ると右バンク、火が飛ばない。もしや…

左右差し替えると症状も移動。

こいつかー。

代わりはなし。が、しばし考え、ピンとくる。

トライアンフ12V用コイル。仮付けして始動。かかりました。

マニュアルで確認するとこれは3Ωあたり。仕組みは同じなのでまず問題ないかと。

点火時期

再調整。

右はベースのボルトを緩めて調整。手堅い造りやなぁ、と感心。

左。目一杯まで遅らせても追いつかない。よく見ると

これくらい残る。

これは

固定ネジを交わす穴の位置が悪く、ベースプレートと干渉して引っかかるから。

そんなわけで

がりがり行く。ベースプレートもがりがり。

完成。

端まで使えるようになった。組み付けてバッチリオンラインで設定。

コイルも

組み付けて

試走。

過去最高の出来。



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2566-f5c740c7